オープンデータとプログラミング

濃色:非常に驚くほど鮮明な写真を生成するための機械学習手法では…

オープンデータ関連のニュースです。

https://boingboing.net/2018/05/09/enhance-enhance.html

日本語

闇の中で参照:非常に弱い光では驚くほど鮮明な写真を生成するための機械学習技術

インテルとイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究者グループは、普通のカメラは、非常に低い光で鮮明な写真を撮影できるようになる、長期暴露あるいは微光写真撮影に関連する種類の粒状感のない強力な機械学習に基づく画像処理法を詳細に学習・イン・ザ・ダーク」という論文を発表しました。

データに基づくアプローチによる極端な低光量写真撮影の課題に対応する新たな画像処理パイプラインを提案した。具体的には、低い未加工データに、色変換、デモザイク化、ノイズ低減、画像エンハンスメント等の画像処理パイプラインをディープニューラルネットワークをトレーニングします。パイプラインは、この制御方式では、従来のカメラプロセスジングパイプラインを特徴付けるノイズを増幅して、誤差の蓄積を回避するために、エンドツーエンドでトレーニングされる。
続きを読む…

English

See in the Dark: a machine learning technique for producing astoundingly sharp photos in very low light A group of scientists from Intel and the University of Illinois at Urbana–Champaign have published a paper called Learning to See in the Dark detailing a powerful machine-learning based image processing technique that allows regular cameras to take super-sharp pictures in very low light, without long exposures or the kinds of graininess associated with low-light photography.
Read more…

Pythonデータサイエンスハンドブック (アマゾンでの購入)


Pythonデータサイエンスハンドブック (楽天での購入)

Comments are closed.