オープンデータとプログラミング

人工知能ロボットアームはどこのウォリーはとらえどころのない文字を見つけるのに数秒でスキャンします。

オープンデータ関連のニュースです。

https://www.independent.co.uk/life-style/gadgets-and-tech/wheres-wally-waldo-video-robot-ai-artificial-intelligence-arm-redpepper-rasberrypi-a8487596.html

日本語

次はどこのウォーリーの特に困難なページに大変でき、簡単に解決することができる。 群集にウィリーの顔を知る唯一の目的でロボットを構築した。 このロボットは人工知能ソフトウエアは他の架空の群集のウォーリーを認識するために使用され、次にロボットアームは彼を指摘するクリエイティブエージェンシーRedpepperによって設計された。 で創造的な技術者、マット・リード氏はThe Vergeは「Google画像検索の62種類のウォルド・ヘッド45ウォルド・ヘッドと本体からすべてワルドの訓練画像を得た。 「それは、強力なモデルを構築するのに十分なデータがないと思っていましたが、元の訓練集合にないWaldosに対して驚くほど優れた予測値」 今回の研究は、Googleのユーザーは、以前のコーディングの知識なしで独自のAIツールを訓練できるクラウドAutoMLによって可能になった。
続きを読む…

English

Next time you’re struggling on a particularly challenging page of Where’s Wally, there could be an easy solution. A robot with the sole purpose of picking out the elusive Wally’s face in a crowd has been built. Designed by creative agency Redpepper the robot uses artificial intelligence software to recognise Wally in a crowd of other fictional faces and then uses a robotic arm to point him out. Matt Reed, the creative technologist at Redpepper, told The Verge: “I got all of the Waldo training images from Google Image Search; 62 distinct Waldo heads and 45 Waldo heads plus body.
Read more…

Pythonデータサイエンスハンドブック (アマゾンでの購入)


Pythonデータサイエンスハンドブック (楽天での購入)

Comments are closed.