オープンデータとプログラミング

3Things BtoBのマーケターが知っておくべき2018内のデータについて

オープンデータ関連のニュースです。

https://www.emarketer.com/content/three-things-b2b-marketers-should-know-about-data-in-2018

日本語

彼らは買い手が誰なのか、それらの課題が何であるかや、彼らが購買意思決定を行う方法を知っている。この種の洞察は、部分的に、可能なデータによる2018年、BtoBのマーケターは見込み客や顧客を理解し、うまく関与するデータや背景調査に依存することになる。

すべてBtoBのマーケターは、2018のデータについて知るべき3の事柄があります

第1のデータの多くの発生源に由来する、多くの形態にできる。

B2B企業は、マーケティングおよび販売支援の1-、2-、-及び30者から、見込み客や顧客データに引き出さなければならない。

Engage Informaから2017年9月調査は米国のB2B販売の84%はカスタマー・リレーションシップ・マネージメント(CRM)ツールとお客様向けの調査への回答から得られたデータを用いてマーケティングを伝えたことも明らかにした。回答者によって引用された他の一般的なデータソースがサイトに登録し、トランザクション・レコード(76%)、ウェブ解析/サイトのトラフィック(71%)、認定されたファイバ・オン・リード(49%)が含まれていた。
続きを読む…

English

They know who their buyers are, what their pain points are and how they make purchase decisions. These sorts of insights are possible, in part, due to data. In 2018, B2B marketers will continue to rely on data and deep background research to better understand and engage their prospects and customers. Here are three things all B2B marketers should know about data in 2018: No. 1 Data can come from many sources, in many forms B2B firms must pull in prospect and customer data from multiple first-, second- and thirty-party sources for their marketing and sales efforts.
Read more…

人工知能の真実とは?(アマゾンでの購入)


人工知能の真実とは?(楽天での購入)

Comments are closed.